« 藤原竜也×市村正親『ライフ・イン・ザ・シアター』 | トップページ | どうぶつ奇想天外! »

2006/04/13

ナイロン100℃『カラフルメリィでオハヨ』

まず朝、あわてて起きた。
電車に乗らねばならぬ時間である。
今日は丹野組クランクイン。

映画はブルーハーツの名曲「ラブレター」を題材に
23歳の配管工の男の子と18歳の田舎の女子高生が
キスもかなわぬ淡くて激しい恋をすると言うお話。
タイトルもずばり「ラブレター」。
ブルーハーツが楽曲提供をOKしてくれたというだけで
もう感激の作品。キャストもすごい。
脚本は、尊敬する龍一朗さんと僕、そして謎の土座間氏(^^;

で、その丹野組クランクインだが
現場の新津スタジオは
スタジオとは言っているが
制作進行の新津ちゃんの自宅である。

ちなみに新津ちゃんは二十歳の女の子。
ほんとアヒルのガー子みたいで可愛い。
女性的な魅力は一切無い。
人間と言うよりもグリコのおまけに近い。
大石綾子の紹介で現場につけた。
現場初体験なのにかなりどうどうとしている。
スタッフルームや現場が楽しいらしく
学校にも行かずに毎日いる。
おそらく数年後彼女は脚本書いたり
なんかそういうことでデビューしている気がする。
だから人生と言うのは分からない。
大石綾子と僕が知り合わなければ
新津ちゃんもここにはいないんだろうから。
そう言う意味でもワークショップは出会いの場でもある。
去年のワークショップで大石綾子らにあったのだから。

仕事を終え、急ぎ次の場所に。
録音作業中の金子監督と。
空き時間を使ってブレスト。
3時間ほど喫茶店で話しこむ。
まるで月とLのような頭脳戦(と自分たちは思っている(^^;)。
ま、周囲から見ると
2人のおっさんが漫画の話で
口角泡飛ばし熱くなっているというドンビッキーな光景。
しかしこれが映画のクオリティをあげるためには
必要不可欠と信じて疑わない。

夜は下北沢で観劇。
ナイロン100℃
「カラフルメリィでオハヨ」本多劇場。
すばらしい舞台だった。
笑いもあるが次第に物悲しくなる。

今回丹野組「ラブレター」が
木村プロデューサの父上が亡くなると言う衝撃の影響なら
「カラフルメリィ・・・」はケラさんのお父様が無くなったことへのリアクション。
笑いも冴えていたけど
何よりもケラさんのお父さんへの愛
いや人間に対する愛に満ちている芝居で
最後には感動で胸がいっぱいになりました。

|

« 藤原竜也×市村正親『ライフ・イン・ザ・シアター』 | トップページ | どうぶつ奇想天外! »

コメント

こんにちは。今日、某雑誌で松山さんのL姿&インタビューを拝見しました。ツタヤのサイトで小さいチケット画像は見ていましたが、映画のワンシーンでしょうか?Lやってる姿が大きく出ていて、おおぉ!とにやけました。書店で。
素ではないけど滑稽でもない自然な感じで、手つきもLになっていて、早く動いてるところが見たいと思いました。仕草や格好を原作通りにされたとのことですが、実際やると大変そうですね…。
ヒットして欲しいのですがしがないファンは何をしたらいいでしょうか。とりあえず友人と家族に何気なく勧めてます。公開前からこんなに注目する映画は初めてだと思います。

投稿: サンバ | 2006/04/13 19:00

サンバさん、はじめまして。

> とりあえず友人と家族に何気なく勧めてます。

すばらしい!!
でもそのご苦労が必ず報われます。
まじ保証月!

投稿: まつがえ | 2006/04/14 02:28

>キスもかなわぬ淡くて激しい恋をする

いいですねいいですね!
ラブシーンが無いのに見てるこっちが熱くなる、
そんな映画になることを期待します(^o^)

投稿: れい | 2006/04/14 11:35

↑のれいさんの書き込みに反応...

ラブシーンなしで、愛を。
エロシーンなしで、エロを。
一滴の血もなしに、暴力や恐怖を。
直接描くと想像の幅が限定されて醒めてしまう...多くのテレビドラマや映画で感じるその感覚をぶちこわすような作品をみせてくださいな。

あ、「一滴の血もなしに、暴力や恐怖を。」はデスノでみれるか?(^^

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/04/15 09:54

>れいさん

 そんな映画になりますぜ。
 脚本読んでくれた女の子は
 恋するようにどきどきしてくれたらしいですから♪
 期待しちください。

>猫ぴさん

 いずれにせよ
 作家人生をかけたあれをあれしたいもんですなぁwww
 安易な表現はしたくないよね。
 その一方でキャッチーであることも忘れたくない。
 そう言う意味で、那須さん、金子さん、楳図先生はおいらの師匠ですね。

投稿: まつがえ | 2006/04/16 03:00

マツガエさんだってキューピーみたいじゃないですか!
食い倒れの人形系じゃないですか!
男性的な魅力一切無いじゃないですか!
ふんっ。
オトメ心を傷つけやがって!
なーにが新津スタジオだ、二度と貸すもんか!
ぷんぷん☆

投稿: ニーツ | 2006/04/24 15:49

あ、新津ちゃん。。。。

ご、ご、ごめん。
怒った?

投稿: まつがえ | 2006/04/24 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/9566748

この記事へのトラックバック一覧です: ナイロン100℃『カラフルメリィでオハヨ』:

« 藤原竜也×市村正親『ライフ・イン・ザ・シアター』 | トップページ | どうぶつ奇想天外! »