« ひとあしさきに | トップページ | ナイロン100℃『カラフルメリィでオハヨ』 »

2006/04/09

藤原竜也×市村正親『ライフ・イン・ザ・シアター』

藤原君の舞台を見に行った。
ライフ・イン・ザ・シアター
市村正親さん藤原竜也くんの2人芝居。

いやー、魅せる。
2人でこれだけの笑い、哀しみ、人生を見せるとはさすが。
もともと映画であるらしい。

印象的な2人のシーンのオムニバス
短いコントの連なりかと思いきや
後半終了に向けて どーっといろんなことがつながり
一本の太い物語になる。

若い謙虚な青年が、
尊敬する先輩に出会いそして追い抜いていく。

題名にたがわず「人生」を見せてもらった。
こんな短い間に、
人生の端から端までの変化を演技で見せられると言うのは
まずもって藤原君の演技のすごさを見せ付けられる。
またその演技力をやんわりと受け止め包み込む市村さんの演技もすごい。
凡百の役者ではこの舞台は務まらない。
市村さん藤原君の力があってこそ。
藤原君、さすが夜神月www
その演技力はデスノート夜神月のそれ…ネ申演技…である。
市村さんの可愛らしい演技も、とてもステキである。

芝居後、楽屋見舞い。
藤原君はステージ終わるとすぐにシャワーを浴びる。
シャワー上がりを待つ。
バスタオルで髪を拭きながら藤原君登場。

「見に来てくださって、ありがとうございます!」

あんなに舞台で「人生」を色濃く生きたのに
少しも疲れを見せず元気な明るい藤原君。
デスノ後編シナリオもよろしくお願いします」 とも。
金子監督にも、編集作業でお忙しいとは思いますが
 ぜひ見に来てくださいとお伝えください」とも。

次の日からデスノート後編シナリオの本格的な打ち合わせが始まった。

|

« ひとあしさきに | トップページ | ナイロン100℃『カラフルメリィでオハヨ』 »

コメント

はじめまして。
ライフ・イン・ザ・シアター観てきました。
2人の職人芸のような演技も素晴らしかったですが
役者への愛、ひいては舞台への愛が伝わってきた
お芝居で、とても気に入りました。
三島さんがお好きだということなので
松枝さん脚本、藤原竜也主演で
天人五衰なんてどうでしょう。
松枝さんが清顕のような美青年だったら・・・
と妄想中。
デスノートも楽しみにしています。

投稿: お菊 | 2006/04/10 00:53

お菊さん。はじめまして。
ほんといいお芝居でしたよね。
役者への愛。舞台への愛。
ほんとですね。
藤原君で天人五衰。
ぴったしじゃないですか。
蜷川さんとかにやられたらやだなぁw
ぼくがやりたい。

投稿: まつがえ | 2006/04/10 22:49

はじめまして。

天人五衰、蜷川さんにやられちゃう前に、
ぜひ松枝さんがやってください!(笑)

松枝さんは、藤原さんの「弱法師」は
ご覧になりましたか?

デスノートは前売り券も購入して、
準備万端ですよー。


投稿: なつこ | 2006/04/11 23:18

なつこさん、はじめまして。
はじめましてなの?
いま僕の周りになつこさんが3人いるから4人目だよwww
「弱法師」みてないんです。
ああ、みたかった~~~
デスノ前売り購入ありがとうございます。
僕も買いましたwww

投稿: まつがえ | 2006/04/13 13:28

はじめまして
以前から時々覗かせていただいてました。「デスノート」前売り券、既に2セット(笑)購入して楽しみにしています。

『弱法師』私には、俊徳がひたすら哀しい素晴らしい舞台でした。
松枝さん脚本、藤原竜也さん主演で『天人五衰』に私も1票!!実は『春の雪』よりもこっちの方が、、、と密かに思っています。

投稿: ryo | 2006/04/17 08:40

どもども
前売りお買い上げいただき
まことにありがとうございます!
『天人五衰』とか『午後の曳航』とか
三島さんの作品の中でもテイスト違いますよね。
現代小説っぽい。
たしかに藤原くんが『天人五衰』やるといいなあ。
やりたいなあ。

投稿: まつがえ | 2006/04/23 05:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/9507531

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原竜也×市村正親『ライフ・イン・ザ・シアター』:

« ひとあしさきに | トップページ | ナイロン100℃『カラフルメリィでオハヨ』 »