« やってます『デスノート』 | トップページ | 補足 »

2006/01/29

やりすぎコージー

某局短編ドラマ(おいらが脚本のやつ)のアフレコ。
朝、9時40分某局玄関で役者陣と待ち合わせ。
いきなりm.m.マダムから
「朝から松枝さん見るなんてキツイっすわ」
あのね、
おまえのほうこそキっツイいんだよ、てめー。
と小一時間こぜりあい。

アフレコは1時間ほどで終わり
引き続きMA。
音楽、音響つきではじめて見る。

ちなみに、同じ頃、横浜関内ではDノート別班の撮影。
アフレコ出演のなかから3人と待機組から2人、
合計5人を役者として派遣。
今後、別の3人が別班ではなく本体の撮影に
しかも結構目立つ役で出演予定。
またペニノの野平さんにも出演をお願いした。
小さな役ではあるが
個性ある演技
を発揮してもらえればと思う。
つうか発揮するデショ!と期待のメンバーをぶち込んだ。

で、僕はMA。
プロデューサ業務を覚えるために
じいっとみんなの動きを見る。
音楽、音響がはじめてつけられた。

プロデューサのKさん、監督のOさん。
あるシーンでの音楽が過剰だといって外すということに。
しかし、僕はそのシーン、
音楽とタイミングで感動してしまったものだから、
えーっマジで外すのおおおという感じ。

僕の立場は、
勉強のために随行させてもらっている
という立場なわけだから、
とやかく言える立場にはないが、
しかし外さないで欲しいと小声で。

結局外されてしまったが。

外したものを見ると、うん確かに整理はされている。
でもあの感動がちゃんと視聴者に伝わるのだろうかと心配な気持ち。
伝わるのかな?
Kプロデューサー、O監督、
長年のプロが言っているのだし、アレで良いのだとは思う。
だが韓流映画が嫌いでない僕としてはこてこてを望んでしまったり。

しかしこのMA作業を通して
音楽音響の力強さをあらためて確認した。
またこの短期間でこのレベルを仕上げる遠藤さんてすごいなあと感じる。
音の入りでも微妙にずれれば印象はガラリと変わる。

MA終わり家に帰る。
今度やる映画のキャスティングも考えなきゃいけないので
資料を買い揃えてパラパラと見る。
もうすでに売れている人を使っても面白くない。
どんな新人が眠っているか・・・要研究である。

ついでDノートで撮影予定の、とあるシーンのセリフを考える。
脚本外の脚本というか。
決定稿では1行しかないが
その1行のために50行ぐらいの芝居を考えた。
意外に楽しくすぐ書ける。
監督、助監督にメールしすぐに就寝。

しようと思ったら
やりすぎコージー』の
The鉄板ショーを見てしまう。
久しぶりのテレビ。

かなり面白かった。

漫才師が自分のねたの脚本を示して
こことここがこういう理由で必ず受けますと
解説して実際にどうかとやってみせるわけだが
やっぱり売れている漫才師は
ネタに自覚的なんだなぁと関心し笑わせてもらう。

(追伸)

おいら脚本、金子監督作品『希望の党☆』は絶賛上映中!
感想はここにお書きください。

|

« やってます『デスノート』 | トップページ | 補足 »

コメント

はじめまして。デスノート製作中ということで書き込ませていただきます。監督はお仕事を引き受ける前からデスノートをご存知だったのでしょうか?原作を読んでいる者としては、既にハマッテいらした松枝さんに、内容やキャラクターのイメージが原作とかけ離れてしまうことがないよう、期待しているのですが(特にL)。Lvs月の駆け引きがスクリーンで観られるのを楽しみにしていますので。

投稿: サンバ | 2006/01/30 00:19

ども。はじめましてサンバさん。
もちろん監督はまえから『デスノート』の話は知ってますよ。お子さんがいて大ファンらしいですw
映画と原作イメージのことですが、もちろん、極端に離れることはないです。ただし、どういうキャスティングでも、ファンにとってのイメージもバラバラであることを考えれば、一口に原作イメージと言っても、一意に決まるものでもなく、そのあたりは、キャスティングや脚本・・・時間や予算などの限界をみすえながら、いろいろ皆、議論しながらやっているところです。僕が見た感じはぜんぜんありどころかどのキャストも似すぎですwwwまだ演技しているところを見たわけではないのでわかりませんが、どのキャストも原作のイメージを大事にしていますので、そのあたりは大丈夫かと。とりあえず、スタッフ全員、少しも手を抜くことなくヤバイぐらいに頑張ってますので、できあがりを楽しみにしていてください。つうか僕もできあがりが楽しみです♪

投稿: まつがえ | 2006/01/30 17:34

はじめまして、デスノートの原作のファンなので凄く楽しみです。キャスティングは私も凄く気になります。月役はもう公表されていて知っていますがL役はまだなので・・・。
原作で月と同じぐらい重要だと思ってるので待ちきれない思いです。

投稿: ケン | 2006/01/30 20:52

初めまして。今晩は。
「デスノート」映画化ということで、デスノ大ファンの僕はとても嬉しく、そして楽しみです。
松枝さんも原作にハマっているとのことで、そういう方に携わって頂けることはファンとして嬉しいです。
キャストですが、月役の藤原竜也さんは納得ですね・・・!月の表と裏を上手く演じきってくれそうです。
僕は特にLファンなので、どんな役者さんがあの原作の月vsLの緊張感ある推理戦を再現してくれるのかとても楽しみです。
松枝さん始め、監督、キャスト、スタッフの皆さん、ファンも一般の方も楽しめる作品作り、期待していますので大変だと思いますがどうぞ頑張って下さい・・・!応援しています。

投稿: ナズ | 2006/01/30 21:48

藤原竜也さんはL役だろうなとおもってたのですが、月なんですなぁ...。
ま、いろいろ配役の妙がたのしみです。
女性陣もたのしみ♪
ミサは?ナオミは?"清楚"高田さんは?...なんて勝手にこそこそ予想したりしてみたりして配役の発表を待っております(^^

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/01/30 21:54

>松枝さん
一ファンのつぶやきにレスありがとうございます。原作がある映画は、ものすごい圧縮率で1本の中におさめてしまうことが多い中、デスノートは既に2部構成の予定ということなのでストーリー展開がとても楽しみです。主要キャラクターは皆(内外共に)アクの強い人間たちなので、役者さんも大変だろうなぁとお察しします。藤原さんは舞台で変わった役や有名過ぎな役などご経験されているので、月はかなり期待しています。L役は未発表ですが、藤原さんと拮抗する方の登場楽しみです。

投稿: サンバ | 2006/01/30 22:22

はじめまして。
遂にやってきたか…!というデスノート実写化です。
公開情報の少なさに、日々煩悶しております…w
ストーリー展開、セット、CG、音楽…どれもとても楽しみです。
特に藤原さん演じる月に対することになるL。
二人の熾烈な駆け引き、緊迫感のある戦いを期待しています!
役者さんの発表が待ちきれません。
それでは、ハードな日程だと思われますが頑張ってください!!
心から応援いたしております。

投稿: 松 | 2006/01/30 22:57

>スタッフ全員、少しも手を抜くことなく
>ヤバイぐらいに頑張ってますので

この言葉めちゃくちゃ嬉しいです。
いい映画になるって素直に信じられます。

月役の藤原くんは素晴らしい役者ですよね。
月とLと二役やってほしいくらいです(笑)

ところで、ここに書き込みなさってる方々の名前が
「マツ」「ケン」「サンバ」なのは偶然でしょうか?(笑)

投稿: れい | 2006/01/31 00:59

デスノートの公開楽しみにしてます。

投稿: L | 2006/01/31 02:40

初めまして。
デスノ映画凄く期待してます、藤原月はピッタリだし、いい映画になるんじゃないかと!
特にLに期待しています、凄い役者さんが熱演してくださることを願ってます。

忙しく大変なスケジュールだと思います、でも頑張ってください!応援してますので!!

投稿: いちご・オーレー | 2006/01/31 08:19

みなさんありがとうございます!
報告できることは随時報告していきますんでよろしくです。

投稿: まつがえ | 2006/01/31 11:23

松枝監督補様初めまして、毎日お疲れ様です。
デスノート実写化の話題で日々盛り上がっております!!
早く出来上がった映画を見て『感動』したいです!!
ものすごく期待しています!!がんばってください!!
応援しています!!!
随時報告も、本当に、本当に、本当に期待しておりますので…
小刻みに覗かせていただきます。

投稿: 一堂 | 2006/01/31 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/8393340

この記事へのトラックバック一覧です: やりすぎコージー:

« やってます『デスノート』 | トップページ | 補足 »