« ただいま撮影中 | トップページ | 『神の左手悪魔の右手』初号試写 »

2005/12/07

本当に信頼すべき役者

某日のこと。
天気は前日と打って変わって晴れ。

「夜になると雨」

との話もあったが、結局1日晴れていた。

日陰こそ寒いが、日のあたる場所はぽかぽか陽気。

某市、某庭園内での撮影。順調に進む。
いや、「順調」というか、陽気ゆえか、ちょっと進行スピードが遅いようだ。
現場をじーっとにらみつけるチーフ助監督のI本さん。
近づいて聞いてみると、このままじゃ撮りきれないと焦りの表現。

冬なので日の暮れるのも早い。
外向けのカットを急いで撮る。

Tさん、Nくんの雑談に混じる。

こういう雑談を聞くにつれ
役者の本音と言うか
信頼すべきところが判るようになったりするのだなぁと。
Tさんの話。人柄。
ほんとうに信頼すべき役者と言うのはこういう精神を持った人なんだなぁと感想を持った。

Tさんから作家としてのあるべき姿勢についてのアドバイスをもらった。
TさんはNくんにも役者としての姿勢についてアドバイスをしていた。
Nくんは素直で真剣な眼差しでTさんの話を聞いていた。
スマートに真摯にアドバイスを出来るところもTさん、さすがの達人感があふれている。

Tさんが帰った後
残るシーンにはNくんとボウズたちの絡み。
アロッタ勢からは野木太郎と新津勇樹が出演。
ワークショップ勢からは塚原くんと宮川さんが出演。
この四人組はおいしい。
どのシーンもNくんと一緒だ。
前日はNくんを蹴っ飛ばしていたし、
今日はNくんを酔っ払ってからかうシーンだ。
酔っ払って気分良く高歌放吟。
何日も前からCDを渡し四名には歌を覚えさせた。
かなり事前からプレッシャーを与えていたので
現場でもきっちり歌えていた。ほめてつかわすw

てなかんじで
撮影終了。
撤収作業。

すべて終わって
チーフ助監督I本さん、サード助監督M木さん、
制作デスク兼僧侶E役の野木太郎と沖縄料理屋で珍味三昧、泡盛、なぜかキムチ鍋をつつく。
映画を愛する人たちとの飲み会は楽しい。

|

« ただいま撮影中 | トップページ | 『神の左手悪魔の右手』初号試写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/7508705

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に信頼すべき役者:

» 神の左手悪魔の右手フォー! [俳優 渡来敏之]
なんか物凄い勢いで寒くなってきましたね。 こういう時は寒い寒いと思うからいけないんだな。   オメーの寒さには負けねぇぞ、あ〜ん   寒さよ、俺に勝てると思うなよ、あ〜ん   オメーのものは俺のものだ、あ〜ん (意味不明)   と、メンチ....... [続きを読む]

受信: 2005/12/16 20:55

« ただいま撮影中 | トップページ | 『神の左手悪魔の右手』初号試写 »