« 本当に信頼すべき役者 | トップページ | 見るしかないシネマ »

2005/12/17

『神の左手悪魔の右手』初号試写

神の左手悪魔の右手』初号試写の朝。

行くかどうか悩みましたよ。
だって今は撮影中。
某民放局TVドラマ。
短編とは言え、僕脚本の初TVドラマです。
どっちも僕の子供みたいなもんです。
神の左手・・・』も僕の初脚本の劇場用映画だし。

厄介なことに
TVドラマは現場にもAPとして参加しており、
主として演技事務などやっておったわけですが・・・。

初号試写には行きたい。
だけど現場の仕事も放り投げだしたくない。

相談すると、木村俊樹プロデューサーは、

「行ってもいいけど 、MとⅠ本の了解をとっておけよ」

との発言。

で、制作チーフのMさんに言うと

「ライターは行ったほうがいい」

そういうものなのか。

では行こうかな・・・・

でチーフ助監督Ⅰ本氏に言うと

「どっちでもいいけど、
 僕はマツエダさんが
 こっちに残ってくれると信じてます」

と情に訴えてくる発言。

ていうか
マツエダじゃなくマツガエですから!マツガエ! !

仕事していると携帯にメール。

みるとプリティⅠ本氏から。

「信じてます」

そんな・・・情に訴えられても・・・  ○| ̄|_

いろいろ考えたけど
那須さんとやろうとした最後の仕事なんだから
やっぱり見届ける義務がある。

そう思って、初号試写には行くことにしました。
すみませんⅠ本さん。

で仕事はすべてタロに引き継ぎました。
心配だったけど
僕の仕事を引き継ぎ
かつ皿洗いとか雑務を率先してやり
きっちり仕事をこなしたタロは
みんなの評価が上がってました。

僕が東京現像所についたのはぎりぎりでした。

そして始まる『神の左手悪魔の右手』初号試写。

ちょっと部屋の温度が高すぎたけど
映画の温度もめっちゃ高かった!!

鋒山さんの音楽がすげえハマッテいて
なんだか那須さんのことも思い出して
結構泣いてしまいました。

ホラーだけど笑えて泣ける映画。

那須真知子さんいわく

「ダークファンタジー」

そんな感じのすばらしい作品に仕上がっています。
公開が楽しみです。

天国の那須さんは何点をくれるでしょうか。

|

« 本当に信頼すべき役者 | トップページ | 見るしかないシネマ »

コメント

デスノートの公開楽しみにしてます。

投稿: 介 | 2006/01/31 02:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/7661504

この記事へのトラックバック一覧です: 『神の左手悪魔の右手』初号試写:

» 竹槍応援中。 [S0PH1ST1CATED B00M B00M]
数日前から『神の左手悪魔の右手』や『希望の党』で検索して来てくださる方が多いので嬉しいなと思っていたら、 このニュースのためだったのですね。 「女優・山本奈津子さんのイン [続きを読む]

受信: 2005/12/17 18:14

» 神の左手悪魔の右手 [アキラの書評]
かなり異色な漫画。 楳図かずおの漫画は何かとグロい漫画が多いですね。 ストーリー... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 12:56

« 本当に信頼すべき役者 | トップページ | 見るしかないシネマ »