« 今年の終わりに(3) | トップページ | 今年の終わりに(5) »

2005/12/30

今年の終わりに(4)

ほんとうにあんな暗い気持ちは初めてだった。
那須さんは不思議な人で
もちろん一緒に映画を作りたい
そうは思うのだけども
なんだか
映画を作りたいから一緒にいるのか
一緒にいたいから映画を作るのか
ただ一緒にいたいだけじゃないのか
ひたすら一緒に遊んでいたいだけじゃないのか
それが判らなくなりそうな
そういう魅力的な人でした。
真知子さんや僕だけじゃなく
那須さんと関わった多くの人が
那須さんと言う存在が身近にいることで
人生、5割増しかそれ以上に楽しくなっていたのじゃないか。
つまり、那須さんが死んだら
自分の人生5割減。
それを思うとどんより暗い。
那須さんが死んだことで
比喩ではなく本当に自分の人生の5割が死ぬのだから
それは暗くなろうと言うものである。
仕方の無い話。まじで。

|

« 今年の終わりに(3) | トップページ | 今年の終わりに(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/7900431

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の終わりに(4):

« 今年の終わりに(3) | トップページ | 今年の終わりに(5) »