« 衣装合わせ1 | トップページ | やっぱクリエーターは・・・ »

2005/11/19

衣装合わせ2

忙しさにかまけて
しばらく何も書かなかったら
もう記憶がワケ判らんことになってます。
ので記憶を解きほぐしながら
自分のために記録記録。

11月14日
某TV局の会議室で、
僕脚本のTVドラマ第2回衣装合わせ。
前回のトップバッターはMくんでしたが、
今回のトップバッターは、

・・・・・・同じグループメンバーNくん!

いきなり2大巨頭が出てしまいました。
初ドラマにしてMくんNくん・・・ぶはっ・・・げほげほ・・むせります。

今回の短編ドラマは30分づつ2本。
一方が「雨月物語」を下敷きにした現代劇でMくんが主演。
もう一方が僕のオリジナル作品で時代劇、これがNくん主演。
もうファンの僕にはたまらん布陣です。


で、Nくん・・・。

Mくんとは真逆で、芸能人オーラを消しまくっていました。
もう普通さりげなくて問題なくそこに溶け込んでいて。
しかし立ち上がると・・・186cm・・・・・でっけえ!Mくんよりでかいです。
そのひげぼさな風貌はかっこいいんだけど暖かい・・・
Mくんが神っぽく近づきがたい雰囲気がある反面、Nくんは親しみやすい雰囲気。

そのNくんが僕の書いた「道隆」という名前の坊主になる。
衣装を着ると坊主な雰囲気。
無造作な髪、ひげと合わせて荒くれた坊主「道隆」がそこにいました。

Nくんの衣装合わせが終わると、
ひきつづき同じ時代劇に出演の面々の衣装合わせ。
中には、アブレボ 、アロッタ 、ワークショップ で出会った仲間の顔もあります。


そして衣装合わせの最後は・・・・Kつぁん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しすぎる

すべての衣装合わせが終わってその日は
助監督さんたちとタロをつれてジンギスカンに行きました。

11月日15日は終日O監督プロット書き。
次の日16日の朝11時に完成、メールする。
で、またまたそのままその日は午後某TV局内で衣装合わせ。
この日はたった一人のための衣装合わせ。
誰のかというと・・・・



Tさんっ


















高僧「道忍」を演じてもらいます。

Tさんがすごいのは衣装が彼に合わせること。
日本語がおかしいのじゃないですよ。
Tさんが衣装に合わせて変化するのではなく
衣装がTさんに合わせて変化するということ
すげぇ、大物を見た・・・ってかんじです。

Tさんが着ると、衣装からその雰囲気が立ち上る。
そこにはまぎれもない高僧・・・悟りに近い人物・・・が存在している。

そのTさんに半紙に「○」を描いてもらう。
Tさん演じるところの「道忍」は半紙に「○」ばかり書いている。

「○」とはなんぞや。
マルです。
真っ白な半紙に太い筆で、ざっっと豪快に○を書く。

Tさんの書く○は完璧でした。
やっぱり何かを悟っているのでしょうか。
ちなみに完璧な○は図形的に整っているのではなく、
形が歪んでたりかすれていたりするのだけど、
それで過不足のない状態・・・それが完璧な○なのです。

舞台となる寺院は護摩を焚いたり密教的なものですが、
○を書く部分においては禅宗的な色合いが濃く出ています。
僕が高校時代に禅寺で2ヶ月住み込み修行したときに経験した
悟りにまつわる何かをこの○で表現しています。

|

« 衣装合わせ1 | トップページ | やっぱクリエーターは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/7195111

この記事へのトラックバック一覧です: 衣装合わせ2:

« 衣装合わせ1 | トップページ | やっぱクリエーターは・・・ »