« もう一度、金子組。 | トップページ | 激痛映画! »

2005/11/01

最終兵器彼女

先日、金子修介監督と一緒に
東京国際映画祭特別招待作品『最終兵器彼女』を見てきた。

最終兵器彼女については、
実は那須博之監督が好きな漫画で、
僕も那須さんに勧められて読んでほんとうに感動した。
これを映画化できたらなぁと話していた。

今回の映画『最終兵器彼女』のプロデューサーは、
実は、映画『デビルマン』のプロデューサーでもある。

そのほかにもデビルマンのスタッフがちらほらと入っている。
それだけに映像のすごさは感慨もひとしお。
この映像、本当はデビルマンで使いたかった映像。

デビルマン→最終兵器彼女

と着実に進歩する日本の・・というか東映の映像技術。
この映画の最大の見所はそこだろう。

舞台挨拶では、
主演の前田亜季ちゃんにお姉さんの前田愛ちゃんが
花束を贈呈するというようなサプライズな演出もありました。

前田愛ちゃんはうちの映画「神の左手悪魔の右手」にも出演してもらっています♪

上映終了後、
金子監督山口晃二監督と3人で軽く飲みに。
山口監督は、
金子さんが総監督をつとめるホーリーランドで第3話などを監督されており、
また今回、東京国際映画祭ある視点部門に正式出品されている

ベルナのしっぽ

という白石美帆さん主演の映画をも監督されている。

いろいろ面白い制作秘話を聞くことが出来、楽しかった。

また
山口さんは深作欣司監督「バトルロワイヤル2」のチーフ助監督でもあったらしく、
デビルマンの監督助手をしていた僕とは、ほぼ同時期に東映の撮影所に居たことが判明。

きっとニアミスをしているのだろう。

深作組のリアルな現場の話も聞けてこれまた興味深かった。
いろいろ書きたいがここでは書けましぇーん。

しかし「ベルナのしっぽ」は楽しみだなぁ。
白石美帆さんの演技が素晴らしいのだそうだ。
公開されれば必見の映画になること間違い無しですね。

|

« もう一度、金子組。 | トップページ | 激痛映画! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/6813544

この記事へのトラックバック一覧です: 最終兵器彼女:

» 最終兵器彼女 (1) 作者:高橋しん [変だ、この本!]
僕たちは恋していく――。 ちいさな体に背負ったこの国の未来を抱えきれずに苦しむちせ。 切なくも温かいラブストーリー 最終兵器彼女 (1)  高橋 しん 【紹介】 北海道の田 [続きを読む]

受信: 2005/12/14 13:40

« もう一度、金子組。 | トップページ | 激痛映画! »