« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/26

高原秀和監督「花火」第1話

うちの劇団の番外編
アブレボ、僕たちの純愛革命
の演出を引き受けてくださった
高原秀和監督のネットシネマの公開がスタートしました。

高原秀和監督「花火」第1話

企画・原作/秋元 康
脚本/よしだ あつこ・高原 秀和
監督/高原 秀和
主演/萩原 聖人

そしてなんと田口トモロヲさんも出演しています。
第1話にはまだ出ていませんが。

高原監督のピュアが全開のなんだか切ないストーリー。
なにげない絵なのにひきつけられちゃいます。
今後の展開が見逃せません。
ぜひ見てみてください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一粒で何度もおいしい金子組

昨日は大変だった。
テッペン回ってなお撮影が続いている可能性あり。
僕は11時には現場をさらせてもらったが
メイキング班によるとそのあともずうっと撮影していたようである。
金子監督はじめスタッフはきっと疲労困ぱい・・・どんな言葉でも言い尽くせない。
大変だと思います。
手助けできないのがなんとももどかしい。
がんばってくださいとしか言いようがない。

撮影は朝の葉山から始まり
昼からは調布の日活撮影所で行われた。

撮影には有志のアブレボメンバーが見学に来た。
カノンB、ミホB、アイコA、テッちゃんA、マコトAである。
特殊な造形物が多く、かなり準備時間が長かったので
見学者は2シーンぐらいしか見れなかったが
興味深くモニターや現場の準備を見ていたので
まぁよかった。
自分たちがこれから関わることになるだろう
撮影現場がどんなものか少しは実感してもらえたらうれしい。

なかなかこういうの現場に立ち会う機会もないだろうから
せっかく劇団の主宰である僕が映画に関わることが出来たので
劇団関係者に還元というか、できたらいいなという気持ち。

途中で、那須真知子さんも陣中見舞いに来てくれた。
金子監督がうれしそうだった。

あの天下の「映画秘宝」とアメリカのホラー雑誌「FANGORIA」の取材があった。FANGORIAの人に英語で「那須監督の最後の弟子」と説明するのに金子さんのアイディアを借りた。英語の苦手な僕である。apprenticeが出てこなくて、ディズニーファンタジアの「魔法使いの弟子」からapprenticeが出てきた。僕は魔王那須のlast apprenticeなわけである。

今日の撮影シーンは
前半は渋谷飛鳥ちゃんと小林翼くん。
夜には田口トモロヲさん。

写真とって来るのを忘れてしまったが
ほんとうに翼くんは可愛い。
神木くんとか巷ではあれだけれども
たしかに子役は子役だけども
神木くんはもうかなり大人の部類。
「妖怪大戦争」のエロチックな神木くんはとてもよかった。

しかし小林翼くんである。
この悪戯天使のような可愛さといったら比類を見ない。
翼君のかわいさだけでも見る価値のある映画なのである。

で、その翼くんが話しかけてきた。
どうやら乳歯がぐらぐらするらしい。
抜けたら大変だねなんて話した。
あまりにも幼いので大人びた話し方をするのがなお可愛い。
そしてお姉さん役の飛鳥ちゃんと本当の姉弟のようなので
その2人の姿もとてもほほえましい。

夕飯の時間になり
真知子さん、金子監督、飛鳥ちゃん、いぐっち、太郎と僕で飯を食った。
飯はケータリングでかなり豪勢だった。
つか多かったし美味しかった。太ってしまうので。許して。


そこんところにテクテクとちびが歩いてくる。
翼くんである。

なんとさっきぐらぐらだった乳歯が抜けてしまったらしい。
これから撮影があるのにツナガリがとか言っていたら
翼君は大丈夫と言って自慢そうに差し歯をみせる。
こんなこともあろうかと用意周到なお母さんが差し歯を準備してくれていたのだ。
そしてどうやら、そのことをお姉ちゃんの飛鳥ちゃんに報告しに来たようなのだ。
大根となんちゃらを食べていたら歯が抜けたとか説明していた。
それを聞いてやる慈愛の眼差しの飛鳥ちゃん。
もはやお姉ちゃんというよりもお母さんのような感じすらする。
もちろん見かけはぜんぜん少女なので、
お母さんといってもイタリアンマンマや肝っ玉母さんというわけではなく
頑張って、弟を母のようにして守ろうとしている姉というか、
そういうわけなのだけれども。

しかし
そういう雰囲気が撮影していないときの2人からも受け取れる
つうのはすごいことなわけで。
そんな演技を超えた関係を築きあげている2人。
画面にどううつっているか非常に楽しみだ。

夕飯後、飛鳥ちゃんのシーンを取り終え、
メイキングの吉田明義とともに
飛鳥ちゃんのメイキング用のインタビューを撮りに行く。
飛鳥ちゃんはほんとうに完璧だ。
その美しさも、りりしさも、言葉の選択も、すべてが完璧だ。
もはや彼女を前にして人類はうなるしかない。

そんな飛鳥ちゃんがどんな答えを返してきたのかは
DVDを見てもらうとして、なかでも一点感激したのは、
彼女が僕がどうしてもこだわったセリフを話題にしてくれたこと。

僕がこの『神の左手悪魔の右手』というホラーでやりたかったものは、
もちろん楳図さん的なホラーというのは当然だけど、
もうひとつは楳図さんのテーマでもある「子供」で、
僕はこの「子供」というか、「永遠の子供」宣言をこの映画でやりたかったのだ。

『いつしか「大人」になってしまう「子供」』

という当たり前の表現に逆らいたい。
そう思って書いたセリフ・・・しかも何気なく読んじゃうと
普通の表現になってしまうセリフ・・・をばっちり飛鳥ちゃんは受け取ってくれていた
のである。

彼女がこれをどんな風に表現してくれたかは、
実はその現場にいなかったので見ていないが、
金子監督いわく、
このシーンを撮っていて、
なんと監督の胸にまで、ぐっと去来するものがあったとか・・・。
うーん。監督を感動させてしまうなんて・・・ジーニアス飛鳥。

やっぱり出来上がりを見るのが楽しみである。
ていうか早くみたい!
で、ラッシュの見られる日にちを聞いたところ
意外に早かったので、これはとてもうれしい。
来年とか言われたら
見たくて
見たくて
見たくて
見たくて
死んでしまったかもしれない。

メイキングは
そのあと田口トモロヲさんのインタビューをも収録。
今回のメイキングでは
田口トモロヲさんや根岸季衣さん、松金よね子さんら
ベテランたちの演技論が聞けるのも楽しみの一つである。
こんなに一粒でなんども美味しい映画はそうないのではないか。
わが子ながらそう思わずにはいられない今日のマツガエであった。つづく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/25

ファンタスティック金子組

現在撮影中の金子修介監督作品「神の左手悪魔の右手

まもなくクランクアップになります。

昨日はラストシーンを撮り終えたようです。

現場に行っていないからどんな絵になっているか

考えると楽しみで夜も寝られません。

f4 金子組スタッフの面々。
とくに若者ぞろいの金子組の美男美女軍団
金子組ファンタスティック・フォーのみなさんw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

神の左手悪魔の右手

僕が脚本を担当した金子修介監督作品『神の左手悪魔の右手』の公式ホームページがオープンしました。

http://www.kaminohidarite.com/

これから内容充実させていきますので、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005/09/19

あした新聞に・・・

金子組いってまいりました。
今日はスタジオでの撮影です。
ああ、とてもすばらしいものをみてしまいました。
でもそれがなにかは言えません。

で、スポニチと報知新聞の記者さんがインタビューに来ました。
なのでたぶん明日載ると思います。
松枝佳紀。のるかな?
金子監督と渋谷飛鳥ちゃんの名前だけかもしれない・・・。
マツエダなんて呼ばれていたし・・・
マツガエですから・・・でも記者さんかなり美人だったから許そう。

で、あした映画の公式HPがオープンします。
だいたい朝の8時を予定しています。
URLここであす発表します。

で、今日は現場見学に
キング萩尾と野木太郎と畠山佳子が来ました。
キング萩ぃはあいかわらず妙で畠山佳子は子供でした。

オスカーのOさんに松枝さん太ったねぇと言われました。
執筆時は太るのです。ああ、やせねば。

インタビューは那須博之監督への
金子監督と渋谷飛鳥ちゃんの思いがほとばしった感じでした。
僕は感無量でうるうる。
それは風邪で熱にうなされているばかりではありません。

詳しい内容は記事に譲るとして
とりあえず、

那須監督の一番の弟である金子修介監督
那須監督の最後に愛した女優である渋谷飛鳥ちゃん
そして最後の弟子の僕。

僕らが一緒になって映画を作っているのを
遠くの那須さんはどんな思い出みているのでしょうか。

とりあえず、今日はこれから那須家に行きます。
太郎と2人で最後の宴会です。
那須さんと真知子さんの17年すんだ家は
明日不動産屋に引き取られ取り壊されます。
だから17年の那須さんの思い出の締めくくりに
僕と太郎はガラーンと何も無い御殿で飲んできます。

asuka_yoshiko (渋谷飛鳥ちゃんとうちの看板女優畠山佳子)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/14

行ってきました金子組!

芝居も終わり
ようやく金子組の現場に顔を出せた。

あさ渋谷に集合。
意図したわけではないが
僕がはじめて金子組現場に行く日が
楳図先生と野木太郎の出演日だった。

ロケバスは満員だったので
ぼくはメイキング班と一緒に制作車に乗る。
渋谷飛鳥ちゃんとマネージャーさんもこちらに。

制作車の中では
メイキング班の作った
楳図さんへのインタビュー原稿に目を通し
楳図さんへふさわしいインタビュー項目へと作りかえをする。

撮影現場。
すばらしい天候。
夏日がもどってきた。
蝉がガンガン鳴いている。

ひさしぶりに金子監督に会う。
ついでに楳図さんの公式HPの管理人さんの金子さんにも会う。
どうでもいい偶然だが同じ金子。
ふとみると「(株)金子建材」なんて看板も。
050913_121857_M
(写真:ロケ弁を食うumezzドットコムの金子さん)









田口トモロヲさん登場で撮影開始。
シーン44から。

飛鳥ちゃんはここだけでこの現場はアップ。
夜の千駄ヶ谷の撮影でまた再入。

つぎにとうとう我らが太郎の登場。
050913_112514_M


(写真:にこやか太郎)





と思ったら昼飯になる。
050913_121657_M


(写真:もぐもぐ太郎)







昼飯後、太郎のシーン。
太郎、緊張している。
また、いつもの悪い癖で空いている手がぶらぶらする。
そこで金子監督。太郎に物を持たせる。
物を持つと太郎の動きが安定してきた。

さらに芝居がもうすこし出来るようにと
あたらしいセリフをその場でつくり
トモロヲさんと太郎につける。
シーンが少しだけ長くなる。

しかし
これが功を奏してか、太郎の演技がよくなる。
舞台経験で培われたハリのある声が生きるセリフ。
まぁ、かなり身内としての贔屓目かもしれないが。

そして登場。
原作者にして絵本作家役の楳図かずお先生。
050913_122821_M

(写真:楳図せんせいと太郎)


もちろん原作には無いシーンだ。

今回の先生の役回りは
同じく僕脚本の舞台版「わたしは真悟」で
楳図先生を使ったのと同じような役回り。
結構重要なセリフを言っている。

もちろん、
楳図先生のしゃべり方は承知なので、
最初からアテガキでかいた。

予想通り、楳図さんが言うと、
そんなに特殊ではないセリフが、生き生きと屹立する。
そのセリフに反応するトモロヲさんの表情がまたいい。
そこまで脚本には書いていないのに、
ちゃんと行間を読んでくれているんだなぁと感動。

このシーンは、
楳図さんのことを良く知っている僕だからこそ書けるシーンだと自負がある。

ちなみに今回の金子組は僕の知っている他の現場(とくに那須組)と違う。
050913_112652_M


(写真:金子監督と太郎)





一番の違いはカチンコである。

普通は、
監督「つぎ本番」
助監督「つぎ本番いきます!」
監督「本番!」
撮影部「はい、カメラ回りました」
助監督「シーン○○カット○」
監督が「よーい、はい!」
と言った後に、一拍置いて、
助監督がカチンとカチンコを打つ。
そして芝居が始まる。

しかし、金子組では、
監督「つぎ本番」
助監督「つぎ本番いきます!」
撮影部「はい、カメラ回りました」
撮影部助手「シーン○○カット○」
とここでカチンコ。
画面の中に入れるだけ。
それも助監督ではなく撮影部の人。
そして
監督「よーい、はい!」
で芝居が始まる。

しかも、カメラは多くの場合
2台体制である。
1台はトモロヲさん狙い。
もう1台は楳図さん狙い。
とか
1台は寄り。
もう1台は引き。
とか。

まぁ、そんなこんなで撮影は進み・・・
楳図さんの出番はおわり

つぎに楳図さんのメインキング用のインタビュー撮影である。
ぼくはメイキング班を指揮する手前、楳図さんと一緒に近くの神社に移動。

するとなんと
静謐な空間をイメージしていた僕らの期待に反し、
神社は改装工事中なのである。
ガガガガガとうるさいシャベルカー。

しかし、撮影の間、工事を止めてくれないかお願いすると
快くOKをくれる。いい人たちだ。
その代わり、神社にお参りして言ってくれといわれる。
もちろん!お参りしますとも。

楳図さんのインタビューはじつに面白く撮れた。
DVDのメイキングを楽しみにしていて欲しい。

その後、千駄ヶ谷への移動があるが
僕はロケバスには戻らず
楳図さんとともに電車に。
渋谷までご一緒し、ひさしぶりに楽しい話をした。

渋谷で解散すると少し時間のあった僕は
楳図さん公式HPの金子さんとお茶をする。
おちゃというかケーキする。

金子さんと別れ、別件の会合。
途中ではハルの乱入もある。
おごるだけおごらされて、ハル消える。

その後、明け方まで歌舞伎町で過ごす。

○○食堂で朝飯を食べていると
華原朋美っぽい声が聞こえる。

みると店の中に
本当に華原朋美がいた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ありがとアブレボ

アブレボ、僕たちの純愛革命
短いようで長い公演。
ついに終わりました。

見に来ていただいたみんな。
今回出会えたスタッフ、キャストのみんな。
場所を貸していただいたCOREDO、桃井さん。
そして何より誰よりこの公演を実りあるものにしてくれた高原秀和監督
ほんとうにありがとうございました。
そして沢山の感動をありがとうございます。

こんなにも沢山のことを学ぶことの出来た公演はないです。
今回得たものを糧に、映画、演劇、ドラマと頑張って生きたいと思います。
また皆さんと何か別の機会でお会いできるのを楽しみにしています。

ほんとうにアブレボのみんな、
ありがとうございました!
1000年後も愛してるぜっw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/11

絶頂アブレボ

よかった。
AB班ともすばらしかった。
羽村さんも今日一日だけなのに燃え尽きてくれた。
勝矢さんの居ない穴を埋めて有り余る好演だった。
僕はアブレボ毎日毎公演見ているのに
今日は2班ともすばらしく感動的で不覚にも泣いてしまった。
ええ話や。

事前に、エッチな言葉と行為満載の台本を読んで
出演やめなさいと母親にいわれていた女優がいる。
そのお母さんが今日芝居を見に来た。

芝居後、そのお母さんに感謝された。
いい芝居に出してくださりありがとう。
ってかんじで。

・・・・。

泣けた。

芝居の最後はやはり感動してくれたらしい。

・・・・。

ええ話や。

だから
いや、ほんと。
波はあるけど、悪くないんす。

明日はついに楽日。
燃え尽きます!
駆け抜けます!
ぜひ見に来てください。

明日は昨日までの勝矢さん、今日の羽村さんに代わり
「つむぎ」で蒼井そらちゃんに翻弄される主人公を演じた那波さんが出演です。

これまたどんなふうになるか楽しみです!
お見逃し無く!

ちんこも立てば涙も出る良い子のお芝居です。
ぜひ見に来てください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/10

風雲アブレボ

昼の回。
ユカちんが来なかった。
連絡も取れない。
昨日、救急で病院に運ばれただけに心配だ。
どっかで倒れているのかもしれない。
たぶん使っているだろう京王線に電話して
「倒れているちいさい子はいないか?」
捜索をしてもらった。
いなかった。
みんなが心配していた。
結局あさみが代わりに登板した。
あさみも急な出演で大変だったろうに
よく役を演じ務めた。
最年少16歳えらい。
ユカちんがやってきた。
なんだか元気そうでホッとした。
夜の回。
芝居がやばかった。
理由は色々あるだろうけど
疲れが見られた。
昼の会の受付をやった疲れや
太郎は早朝から車を運転し
レンタルの丸椅子を取りに行ったことの疲れ。
もうテンポがぐずぐずだった。
僕がTVドラマをやる
○○○のプロデューサーたち4人が
見に来てくれたが、かなり酷評だった。
まぁ、そういう日もある。
見に来てくれたお客さんには申し訳ない。
しかし、今日頑張る以外になにがあるか。
つうかほぼ部外者の俺が何を騒いでも仕方ないが。
おとといの舞台のように
すばらしい日もあるわけだから
きっと奇跡のような1回の舞台は
まだまだ成立する可能性を失っていない。
風雲アブレボ、今日もがんばる。
勝矢さんお疲れ様。
今日は羽村英さんです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/09

初日、2日目・・・

高原秀和監督演出
アブレボ、僕たちの純愛革命
が好評上演中です!

16歳から41歳まで
総勢19名の男女が織り成す
おばかでエッチな物語。

とくに美女13人の艶演は見逃せませんっ。

ちょうど昨日でA,B班の初日終わりました。
明日はA,B班ともに本番、2回戦目です。

そして、なんと勝矢さん出演最終日!

見に来た人はわかるけど
勝矢さんの演技も見逃すのはもったいないですぞ。
いやーほんと、形容しがたい愛らしさw

ちょっと無理してでも見に来る価値はありそうです!
乃木坂COREDOでお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/04

金子組討ち入り!

昨日は金子組のお祓い&オールスタッフ&楳図先生の誕生日。
ずらりとそろう。
ぼくは遅れて参加。
そうそうたるメンバーである。

特殊造形の藤原カクセイさんと話す。
デビルマンのとき少し関わったことがあるそうな。
知らなかった。
僕の書いたデーモン白書もリアルタイムで読んでいる。
最終的にデビルマンの特殊造形はべつのところに行ったわけだが。
しかし藤原さんの今回の作品に対する気合もすごいものがある。
どんなものになるのか楽しみである。

オールスタッフの後は
僕が集めたメイキング班で打ち合わせ。
毎日現場に行ってだらだらと撮影すればキリが無い。
何をどう撮る、撮るなら何故か。
そこをもっとシャープにしようという会議。
かなり有意義だったと思う。

メイキング班は3人で構成されている。
多すぎという話もあるが
定者(テイジャ)さんが監督。
吉田明義が撮影。
鈴木くんが編集。
という役割分担である。

鈴木くんは、去年、
僕の芝居「ベジタリアンサマー」のメイキングを作ってもらった人だ。
メイキング事態が面白く(まぁ、少々長いけど)
で、今回頼んでみたというわけ。
彼はいま東京藝術大学の大学院生で
いわゆる北野武ゼミとかそういうところにいる。

定者さんはその鈴木くんが連れてきた同じ大学院生で
「ばかのハコ船」などを撮っている山下敦弘監督のところで
撮影とか助監督みたいなことをしていた人だ。
役者になったらいいんじゃないかというような圧倒的面構えをしている。

吉田明義はじつはこれは僕との関係が長い。
2001年11月新宿のタイニィアリスでやった「由紀夫の空」と言う芝居。
その登場人物である森田必勝を彼に演じてもらったのだ。
その後、何作品か彼を役者として使った芝居をやった。
来週から乃木坂でやる「アブレボ、僕たちの純愛革命」で
急遽、怪我して降板となった広澤葵の代わりにA班主役となった畠山佳子と一緒に箱根合宿にも行ったことがある。
(あのときの佳子はかわいらしい19歳の女の子だった・・・いまもかわいらしいですがw)
今回、吉田明義が
映画学校を卒業し助監督としてやっていきたいがなかなか職が無いと
困っているのを知り、急遽、金子組にスカウトしたわけだ。
吉田明義はいまからサードをやるには歳はくってるけど
しかし気がつくし礼儀正しいし、考えもある。
さっそく成田プロデューサーにも「あいつ優秀だな」と言ってもらった。
なにしろ僕と誕生日が同じ5月12日だ。
それはどうでもいいが、
昔から一緒にやってる仲間にはほんとうに頑張って欲しいと思う。
彼とは次の仕事・・・某TV局のドラマの撮影でも一緒にやる予定。

そんなメイキング班と濃い打ち合わせの後
いそぎ新宿に行き、
金子監督、平田さん、成田さん、撮影監督の高間さんらの討ち入りに合流。
那須監督の思い出話などしながら軽く飲む。

金子さんと台本の話になり
その後、他の人は二次会に向かったが
僕と金子さんはまじめにふたりでスターバックス。
甘いものを食べながら、脚本内容について議論を交わす。
飲んだり、なんだかんだも楽しいが
映画のこと、作るべき物語のことを話している時間がとても楽しい。
あの席にはきっと那須監督も一緒にいたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/02

クランクイン直前

ちょっと金子監督。
フライングですよお!!
同時に発表しようって言ったじゃないですかw

金子修介監督のブログ

ということで、とうとうクランクインします。

那須監督の関わった最後の作品。

劇場用映画で僕がはじめて脚本を書くことになった作品。

今年の正月、那須監督の病室で書き上げた脚本。

最後の最後まで
赤々と燃え続けた那須監督の映画への思い。

その思いは
那須さんが本当の弟のように愛した金子監督に受け継がれ
ようやくというか、ついにというか
クランクインまでこぎつけることになりました。

那須さんと僕が作り上げた台本を元に
金子さん、成田さんと何度も何度も議論し修正を重ね
新しい台本を作り上げました。

もちろん
那須監督が企画立案だったとしても
金子監督がメガホンを取るからには
これはもう完全に

金子修介監督作品

です。

新しい金子さんの作品のひとつとして
この映画が完成されることを天国の那須さんも喜んでくれるでしょう。

とりあえず、
来週から始まる撮影の様子などについては
このblogでもちょくちょく報告させていただきます。

あ、あと金子さんがblogで紹介してくれていますが
来週から芝居やりますんで、そっちのほうも見に来てください。
とりあえず、みといたほうがいい作品になりますよ!
美女15人そろいぶみの
お馬鹿でえっちな
下世話でポップなおもちゃ箱のような芝居になります。
高原秀和監督が演出です。

  劇団HP 、 アブレボblog

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »