« 目疲れ肩こり3時間 | トップページ | ウルトラマンマックス出演者内定 »

2005/06/04

西山太郎監督「ホーリーランド」第9、10話

今日の第10話放映寸前に
野木太郎くんから借りていたビデオで第9話をみて
たてつづけに第10話を放映で見た。

第9話は視聴率が良かったのもうなづける。
チャンネルを変える隙が無い。
間もテンポもいいしカメラワークも臨場感を伝える。

ストーリー的には
魔王と化した神代ユウが大ボス加藤を倒すのがメイン。
いや、ストーリーと言うよりも
映像でサスペンスを作る。
とても素敵なものを見せられました。
男的には見ているこっちも拳に力が入ったと言うか。

そして今日、第10話は
大ボスを倒したはずなのに暴走が止まらないユウです。

まさに魔王。

今までは主人公であるユウによりそう視点だったのが
あまりにユウが常軌を逸してしまったので
ほぼ主人公不在の展開。
普通の時間帯の連ドラではありえないような展開。
本当のドラマを見せてもらっていると言う感じ。

そしてスターウォーズの
オビワンとダースベイダーの師弟対決を髣髴とさせる井沢マサキとの対決。

このあとどういう展開が待っているのでしょうか?
ちょっと読めません。
もちろん、ユウがこのままのわけは無く、
何かをつかんでより上の階梯に進むのだろうと思うのですが
そこに何があるのかは全く検討がつきません。

ヤクザも出てきたし・・・。

ドラマとして再びキュッと絞まってきた。
そんな感じを受けます。
来週が楽しみです。

ちなみに一箇所だけ残念な点をあげると
加藤を最後ぶちのめすシーン
ちゃんとオンで見せて欲しかった・・・。
もっと加藤を血みどろにして欲しかった。
むろん、テレビで無理なのはわかってますが(笑)。

ギャスパーノエ監督「アレックス」での復讐シーンのように。

そう思ってしまう僕は結構野蛮なのかな。
時々怒りとかでブアッってまじ毛が逆立つときがあるんだけど。
スーパーサイヤ人のように。

|

« 目疲れ肩こり3時間 | トップページ | ウルトラマンマックス出演者内定 »

コメント

そんなリアルに血みどろなんですか?ギャスパーノエ監督「アレックス」....見てみようかな。猫も野蛮?です。
でも、どれほどリアルに描かれても、想像の余地をのこしてくれておいてくれる演出のほうが、なんか印象にのこるという感じがします(よりエグいものを想像するせいか???)
マッドマックスの手だけの大やけどのとことか...。
...ヘアヌード写真にエロさを感じないのもそのせいか(←微妙なたとえ?笑)

投稿: 猫ぴ@朋加組 | 2005/06/04 09:11

アレックスは見なきゃいけない映画ですよ。
でも映画館で見ないと迫力無いかもです。

たしかに露骨に描きゃいいってもんじゃないですよね。
それは同意です。

投稿: 松枝 | 2005/06/04 11:29

こんにちは~♪
加藤の血みどろシーンの必要性、私もアリかと思います。
でも返り血だけでウギャー!の私には直視は出来ないと思いますが(笑)

話は全然違いますが、この間「ロスト・イン・トランスレーション」を見ました。
でも日本人だらけだったので松枝さんを探せませんでした^^;
どこに出てらしたのでしょう?
差し支えなかったらでいいので教えて下さい♪

投稿: れい | 2005/06/05 16:53

あ、やっぱり。
れいさんもソウ思いましたか。
野生の血が騒いでますねー。
ちなみにロスト・・忘れてください・・・。

投稿: 松枝 | 2005/06/06 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/4400939

この記事へのトラックバック一覧です: 西山太郎監督「ホーリーランド」第9、10話:

» 深夜ドラマ『ホーリーランド』第10回 [そふぃぶー(別館)]
昨日用事があったので、ビデオを撮っておいて今日見ました^^;今回は「前に進むこと」の意味を履き違えたユウと、路上のカリスマ伊沢マサキの対決。ユウ、何でそうなっちゃうの?どこに行っちゃうの?と心の中で叫びながら見てました。 普通のドラマや漫画って、まず正義があって最終的には主人公は正しい道へと進みますよね。悪役も導かれたり、切り捨てられたりしながら向かう先は「正義」。しかしこのドラマの主人公ユウには「正... [続きを読む]

受信: 2005/06/05 16:49

« 目疲れ肩こり3時間 | トップページ | ウルトラマンマックス出演者内定 »