« フランシス・ローレンス監督「コンスタンティン」 | トップページ | まもなく!! »

2005/05/06

シベリア少女鉄道「笑顔の行方」

初日ですよ。色々あったと思います。
たぶん映像とかちゃんと出ていなかった。
なんとなくやりたいことは伝わった。

この劇団、
いろんなところで
すごく褒められていたので
ぜひとも見たい劇団でした。
昨年は真説タイガーマスクの撮影で
急遽行けなくなってしまっただけに
ぜひとも今回は・・・という勢いで向かった。
しかし、結果は・・・・。

暗転が無駄に長いし
なにかトラブってんのかなと・・・。
そこそこ笑いはおきていたけど。

いや、なんつうの。
子供演劇ですか、これは?
映像も照明も演出も脚本もしょぼいし
プロジェクターのフタがパカパカ見えるし
お前らアロッタファジャイナかってぇの
あ、それオレの劇団だった。

たぶんトラブルのせいでこうなのであって
(自分たちも似たようなトラブルがあったし)
本当はとっても面白いはず
と思おうとするが
しかしねぇ
やりたい事が見えるだけに
トラブルがなくても決して面白くなかっただろう
ということがわかる。残念。
まぁ、演劇って日によって違うから
今日で判断することは出来ないけど。
可能性がなぁ・・・感じられなかった。
うまくいったら面白いのだろうか?

|

« フランシス・ローレンス監督「コンスタンティン」 | トップページ | まもなく!! »

コメント

TB有難うございます。

初日よりやはり2日目の完成度のほうが高い、
(相対的に)
というレビューを見かけるので、
残念感が高まっていますが、
私も「子供演劇?」的感想はぬぐえず、でした。

もし、あの試みがうまくいったら、
内容はさておき、
視覚的には「おおー」と、私は、感心してしまった気がします。

投稿: k52t24 | 2005/05/09 00:27

>視覚的には「おおー」と、

ぼくも
それをすごく期待していったので
がっくりこんでした。

こないだ本谷さんとこでがんばってた
馬渕さんとか同じ日に見に来ていたのですが
怒ってたようですね。
帰り際に土屋君にコゴトを言ってる風でした。

ポツドールに出てた女の子もいました。

いい芝居している人たちに
あれみしちゃいかんと思うんですよね。

投稿: 松枝 | 2005/05/09 00:42

再度コメント。

>馬渕さんとか同じ日に見に来ていたのですが

私も本谷さんの舞台見ましたー。
松枝さんも書かれている通り、こちらの舞台はかなり良かった。
馬渕さんも好きな女優さんで、
シベ少初日で見かけ、「おぉー」と
それはもう、観劇以上に感激したのです。
彼女の感想も気になるところだったのですが、
そうですか・・・コゴトを(笑)

たしかに、いい芝居してる人には
見せちゃいかんですね。

投稿: k51t24 | 2005/05/09 13:15

観劇よりも感激。
うん。そうですね。
あんな小さい人のイメージ無かったです。
ほんと舞台の人って
普段と舞台上と雰囲気違いますよね。

投稿: まつがえ | 2005/05/11 14:36

TBありがとうございます。
初日はひどかったんですね。
これからシベ少は中盤以降に行かなきゃってことですね。

投稿: しのぶ | 2005/05/14 12:59

そうかー。
シベ少は中盤からか(笑)
正規の値段で練習見せられてもネ。

浅田彰が言うように
学芸会レベルの見せられても・・・
そう思っちゃうんですよね。

初日からちゃんと見せて欲しいです。
自戒を込めて。

投稿: 松枝 | 2005/05/15 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/4015702

この記事へのトラックバック一覧です: シベリア少女鉄道「笑顔の行方」:

» 【演劇】シベリア少女鉄道「笑顔の行方」 [こんなものを買った。]
えんぺの一行レビューで初日の評価に★1つが並び、覚悟して行ったシベ少最新芝居。結論から言うと、思ったほど酷くはなかった。面白くないこともない。が、観客の求める方向と、劇団の提出する方向に、だいぶずれが生じてきているのではないか、との懸念は確かに感じた。 ..... [続きを読む]

受信: 2005/05/08 01:01

» 「笑顔の行方」(シベリア少女鉄道) [26歳女ディレクターの勉強blog]
「演劇」のカテゴリを新たに追加。1ヶ月に1本くらいのペースで見てるので一応。   今日見に行ったのは「シベリア少女鉄道」 (紀伊國屋サザンシアター) 第13回公演「笑顔の行方」   e+ 「得チケ」という、チケットの値段がお安くなる機会を使い 評判の高かった劇団であるため 第13回公演にして初観劇。   ネタばれなのでちょっと空けますよ。 しかも長い。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/09 00:31

» 近況その3 ■シベリア少女鉄道 「笑顔の行方」 [スパークリングデイズ]
今回は悔しい!うーむ… いきなりのネタバレだけど、 ネタはスト2。 ストーリー中に暗示されるように出て来た影絵が後半スト2の対戦シーンに。 「おとーさんっ!」が「はどーけんっ!」のイントネーションで発音、 とかそういうの。 しかし…うぅ…もうちょい!一部では酷評され、練習不足や未完成、 ってまで言われて。確かに今までの作り込みレベルには達してない気もして、 「笑ってもいい、と思う。」の再演から見てファンの身としては、ただ残念…。 前回(個人的にはシベ少らしいすか... [続きを読む]

受信: 2005/06/05 20:36

« フランシス・ローレンス監督「コンスタンティン」 | トップページ | まもなく!! »