« 諸事情 | トップページ | 良書とは何か。 »

2005/05/17

村上秀晃監督「ホーリーランド」第7話

ユウこそが一番凶暴凶悪な存在・・・魔王なのかもしれない。 それは永井豪先生の「凄ノ王」のような構造。
前回書いた。

そして今回、さっそく物語は「凄ノ王」的な事態になる。

シンちゃんがぼこられ重症になるという事態だ。
「凄ノ王」では、主人公の彼女が、主人公の目の前でレイプされる。
これが主人公の魔王としての超能力を発動させるきっかけとなる。
親友と彼女という違いはあれ、親しきものがやられぶちきれ
パワーを発揮するというのは、定番だろう。
マッドマックスやジャッキーチェン。

つまり、ユウにとって暴力の意味が変容する。

いままでは、存在意義みたいなものである。
昔はいじめられっ子だったし、いまでもいじめられっ子体質だけど
でもこんぐらいには強くなったから(ていうかすげー強いのだが)
「ここ」にいてもいいよね。
そのパスポートとしての暴力。

暴力は、すでにいる住人たちに
遠慮がちな視線を向けつつ提示する
「ここ」にいるための切符に過ぎなかった。

しかし、こっからは違う。
街の住人たちに対する逆切れだ。
「よくも俺の親友をやってくれたな」という。
そのために使われるのが暴力となるのだろう。
復讐がテーマになるのか?
それはわからない。

米国がテロの犠牲者なのか
それとも米国自体がテロ国家なのか
という議論と同じようなことになるのかもしれない。

つまりユウは正当な復讐者なのか
それともヤリスギ君なのか。

どうなっていくのだろう?

やはり、今後も「ホーリーランド」は要注目な番組なのである。

|

« 諸事情 | トップページ | 良書とは何か。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/4160699

この記事へのトラックバック一覧です: 村上秀晃監督「ホーリーランド」第7話:

» 深夜ドラマ『ホーリーランド』第7回 [そふぃぶー(別館)]
ホリランがいよいよ面白くなって参りました!ユウがショウゴに蹴りを習い、シンちゃんを含めた3人の友情が育まれていた最中、シンちゃんがヤンキーに襲撃されてユウの心に怒りが沸く・・・今回はここまで。 もうね、役者さんたちが上手いのですよ。アクションはもちろん、表情の作り方や仕草が「これは本当に深夜ドラマなのだろうか」と思うほどクォリティが高いです。まずユウ役の石垣佑磨くん。暗鬱とした孤独な少年の表情から、友... [続きを読む]

受信: 2005/05/17 11:51

» 今イチオシです ホーリーランド [漫画家 森田崇BLOG★フラットランド]
ドラマ版、#7も面白かった!! 毎週楽しみです。 ドラマ・ホーリーランド、テレビ [続きを読む]

受信: 2005/05/18 04:32

« 諸事情 | トップページ | 良書とは何か。 »