« ワークショップ3日目。 | トップページ | その後の日々 »

2005/05/29

役者はナルシスト

本日ワークショップ最終日。
講師は望月六郎監督です。

ちなみに今回のワークショップ
4万円と値段高いし
監督が有名人ずらっと並んでいるので
「詐欺」じゃないか?という疑いをもたれたりしました。
実際に告知している監督がこないんじゃないかと。
かつてそういうワークショップがあったらしいです。
でもうちは詐欺りません。

参加者にもすごいとだんだん判ってもらえているようです。

しかし、熊切さんとも話していたんですが
もう少し参加者が俯瞰の目を持ってもらいたいですね。

「俯瞰の目」

一歩引いて全体把握をする見方をしたほうがいいということです。

監督が誰かの演技に駄目だししているとするじゃないですか。
これをね聞いてない奴がいるのですよ。

監督は駄目だしを普遍化できるかたちで言おうと意識して駄目だししているのにです。
つまり、なぜこの人が褒められ、この人が駄目だしされというのを
参加人数分見るってことで監督の演出の全体~~どういう役者が求められているのか?どういう演技が欲しいと思われているのか~~がぼんやりとでもわかるようになっているわけです。

なのに役者の多くは「自分」なわけです。

まぁ、ナルシストじゃなきゃ役者やんないのかもしれないけど
普遍化できる能力ってのは必要ですよ。
同じ情報からより高次の原理を引き出す能力。

僕は同じ演出家として
今回のワークショップはとてもためになっています。

なによりも俯瞰の目でいえば
4人の監督さえも俯瞰してみることが出来る立場にあるわけです参加者は。

望月さんは今日だからまだわからないけど
これまでの3人の求めているものはほんと違う。
でも3人とも褒める人はだいたい同じなんだな。
そこに何があるか。
ちょっと一歩引いてみてみようよ。
とんでもない発見があると思う。

ぼくんところの劇団員が何人か参加しているわけだけど
ああ、って思ったもんね。
ぼくがとってもいい役者だなぁと思ってた奴の大欠点とかね発見。
本人も気付いたようで
これがきっかけに奴が変化してくれるとうれしい。

なには、ともあれ自分のことしか見てないのはもったいないよ。
人の振り見てわが振りなおせっちゅうこと。

あ、ちなみにホリラン見逃してしまいました。
ごめんなさい金子監督・・。
太郎君にかります。月曜にでも。

|

« ワークショップ3日目。 | トップページ | その後の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/4322751

この記事へのトラックバック一覧です: 役者はナルシスト:

« ワークショップ3日目。 | トップページ | その後の日々 »