« 納骨 | トップページ | 映画俳優になりたいか? »

2005/04/22

塩田明彦監督「月光の囁き」

いまはちょうど
及川中監督の「ラヴァーズ・キス」やってるけど
深夜映画ってけっこういいのやってます。

で、本谷さんの芝居を見る前日にやってました。
テレビ東京シネ・ラ・バンバ
塩田明彦監督「月光の囁き」。

塩田監督はいま「カナリア」をやっていて
これはオーム真理教の話らしく
ちょうど地下鉄サリン事件に遭遇した先輩が
被害者視点のない映画「カナリア」をつくる塩田の
映画は最低だ、観てはいけない。と言っていたので
まぁ、倫理性と娯楽性は別物だろうと
むしろ倫理的であるものはつまらない
などと思っていて夜中偶然やっていて
見てみることにした。

しかし徹夜仕事の後だったから
布団の中で、つまらなかったら、即睡眠の体制で臨んだ。
結果としては、最後まで見切ってしまった。
ついでに興奮して眠れなくなり
再び仕事を始めることにさえなった。
とてもよい映画だということだと思う。
「カナリア」もなんとか劇場で見てみたい。

さらに面白かったのは
ちょうどこれを見た次の日に
劇団、本谷有希子「乱暴と待機」
をみたということ。

なんと「乱暴と待機」は非常に
「月光の囁き」と似ている。
違う話なんだけど
僕からすれば一卵性双生児のように
似た話だと思った。

ただし「乱暴と待機」が女視点であり
「月光の囁き」が男視点であるという違いはある。
そしてこの違いはとても重要で
「乱暴と待機」の感想に書いたことだけれども
男視点の「月光と囁き」には「ぶっちゃけ」がない。

いやいや女主人公がどわーっと
思いのたけを述べ、
男がジャンプし死ぬはずが生き残るというところ、
さらにはラストシーンすら、
つまりもう皆同じなわけだけども
「乱暴と待機」と違い
それでも女のベシャリに感情移入し
泣けるという事はない。
それは塩田さんが男だと言うところから
来ているのかも。と思ったりする。

双生児ということで言うと
「月光の囁き」が
男=M、女=S
「乱暴と待機」が
男=S、女=M
という違いはある。
作家は同性に肩入れするから
肩入れした性がMになっているのかな。

結論から言うと
両方の作品とも面白い。
しかし僕は「月光の囁き」のほうに
ぎりぎり軍配を上げる。
しかたなしにというか。
作家と同性だからだろう。
女は逆に違いないと思ったりする。

「乱暴と待機」をみて
「月光の囁き」を見たことのない人が居たら
ぜひ見てみて欲しい。
「乱暴と待機」の印象が残っているうちに。

もちろん「乱暴と待機」を見ていない人も
ぜひ「月光の囁き」をみてほしい。
初々しい青春の物語が崩壊していくさまを
戦慄とともに味わって欲しい。
崩壊はしていくんだけど・・・そこには
パンドラの箱の底に残る希望。
それがある。

韓流韓流と思っていたが
よくみると最近の日本映画もまんざらじゃないな。

  ※ちなみに「乱暴と待機」と
   「月光の囁き」が似てるというのは
   僕の脳内残像の比較による話であって、
   なっちがどうとかそういうことじゃない。
   構造が似ていると言うことなのだ。
   誤解無いようにね。


月光の囁き@映画生活

|

« 納骨 | トップページ | 映画俳優になりたいか? »

コメント

いいなぁ東京はこういう映画もやってるんですなぁ。

喜国さんの原作をリアルタイムで読んでたころは、ただの変態物語(←ひどい言い方だな...)とおもっていました。
今は、主人公(男)の感情がかなりのリアリティをもって迫ってきます。
社会通念や自分のプライド(?)までも、簡単に超えてしまうような狂気をはらんだ恋(愛?)の姿は、「あるある」と納得してしまうものですな...純愛ブームにのっただけの、甘いだけ、お涙ちょうだいモノよりもずっとずっと、人間の物語って気がします...。

「乱暴と待機」みたくなった....シアターTVとかでやんないかな(ーー;)

投稿: 猫ぴ@朋加組 | 2005/04/22 10:43

あとで知ったんだけど
原作、喜国さんなんですよね。
しかし変態物語が
リアリティをもって
感じられるようになったって
猫ぴさん・・・・

投稿: 松枝 | 2005/04/22 12:12

いやいや、気持ちはわかるってだけで.....(大汗)

投稿: 猫ぴ@朋加組 | 2005/04/22 13:03

「気持ち」ですね。
ぼくもわかります。
Mは楽しいですね。

投稿: 松枝 | 2005/04/23 02:26

TBありがとうございます。
「月光の囁き」はマンガで読みました。彼女がSに目覚めるまでが面白かったように思います。剣道着のかぐわしき匂いをかぐシーンがなんとも(笑)。映画もあるんですね。

投稿: しのぶ | 2005/04/24 00:16

ohisasiburi no touya desu.
aikawarazu ro-maji de komattemasu.

kore, watasi mo gensaku no hou ha mukasi
yomimasita.

hentai hentai to abuno-maruna ko-i no koto wo
hentai to itte masu ga
hansyoku ko-i igai no sex ha subete
{hentai}no ko-i nanoda to izen kiita kotoga
arimasu.
naruhodo.

eiga saikin mitenainode mitai.

投稿: 透夜 | 2005/04/26 10:55

ohisasiburi no touya desu.
aikawarazu ro-maji de komattemasu.

kore, watasi mo gensaku no hou ha mukasi
yomimasita.

hentai hentai to abuno-maruna ko-i no koto wo
hentai to itte masu ga
hansyoku ko-i igai no sex ha subete
{hentai}no ko-i nanoda to izen kiita kotoga
arimasu.
naruhodo.

eiga saikin mitenainode mitai.

投稿: 透夜 | 2005/04/26 10:55

しのぶさん、透夜どうも。
みなさん結構原作読んでいるんですね。
僕は映画しかみていないのでどうかわかんないんですが、かなりすばらしい映画でした。お時間あればぜひ見て感想をお聞かせください。

投稿: 松枝 | 2005/04/27 00:34

>透夜さま
家からMacで書き込みしようとおもったら、透夜さんみたいに文字化けしたんですが、
エディタで書いてコピーペーストしたら、ペーストした状態では化けてるんですが、
「確認」すると、こんなふうに書き込めました。おためしください。

投稿: 猫ぴ@朋加組 | 2005/04/27 08:58

 猫ぴさん、アドバイスありがとうございます。
原因は何となしに分かってはいるものの、色々試してこの結果
だったので諦めていました。
言われた通りにコピペしましたが、どうかな?
マツガエさん、この場でテストしてごめんなさい。

透夜

投稿: 透夜 | 2005/04/27 15:03

透夜さん!!
良かったです。
ほんとうに。
ローマ字からの脱出。
猫さんありがとう。
しかし、ココログは
この問題を放置すべきではないですね。

投稿: 松枝 | 2005/04/28 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/3804506

この記事へのトラックバック一覧です: 塩田明彦監督「月光の囁き」:

» 劇団、本谷有希子『乱暴と待機』04/08-17新宿シアターモリエール [しのぶの演劇レビュー]
乱暴と待機  劇団、本谷有希子はその名のとおり本谷有希子さんが作・演出する劇... [続きを読む]

受信: 2005/04/24 00:17

» 劇団、本谷有希子「乱暴と待機」 [Wonderland]
 「劇団、本谷有希子」の第9回公演「乱暴と待機」が新宿シアターモリエールで開かれました(4月8日-17日)。自分の名前を劇団名にする1979年7月生まれの23歳。第7回公演の「石川県伍参市」が岸田國士戯曲賞の候補作になり、「ユリイカ」「新潮」などにエッセーや小説を執筆。この4月からニッポン放送「オールナイトニッポン」のパーソナリティーも務め、小説「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(04年11月「群像」掲載)が三島由紀夫賞の候補作になるなど、いま注目の作家です。ネット上に公演レビューも数多く掲載されて... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 15:21

« 納骨 | トップページ | 映画俳優になりたいか? »