« 逆説的ストレス解消法 | トップページ | 遺作 »

2005/03/01

那須監督の死

僕の師匠である那須博之監督が
27日の夜肝臓がんで帰らぬ人となった。

実は
僕は那須さんの具合がかなり悪いことを
かなり前から知っていた。
知っていたくせに、
これまでの軽々しい自分のblogの内容は何事かと
われながら思う。自責の念に耐えない。
しばらく前より那須さんと音信不通になっていた方々。
ぼくに「もしかして那須さん具合悪いの?」と訊ねられても
「いえ、那須さんはめちゃくちゃ元気です」と答えるしかありませんでした。
ウソでした。ごめんなさい。本当のこと言えませんでした。

「それでも人生は続いていく・・・」

今はただ那須さんの安らかな眠りをいのるだけです。

デビルマンはたくさんの酷評を受けたが
確かに那須博之は僕らを楽しませた。
僕らはあなたの撮った映画が大好きです。
成功も失敗もすべて。

2日が通夜、3日が告別式となります。

那須監督の映画に
笑った人泣いた人満足だった人不満だった人
衝撃を覚えた人唖然とした人えぐられた人
ひっくるめて那須さんの映画を楽しんだ人だと思うのです。
だから皆で那須さんの冥福を祈りましょう。

稀代の名監督那須博之に敬礼。

|

« 逆説的ストレス解消法 | トップページ | 遺作 »

コメント


那須さんは作品以上に那須さん本人が語り継がれる監督さんになったと思う。
本当に稀有の監督さんかもしれませんね。

R.I.P.

投稿: うもりも | 2005/03/01 02:17

那須監督の訃報をきいて驚いています。
御冥福をお祈りいたします。

弟子の松枝さんが監督から受け継いだもの。
それを大切に育てていって下さい。
僕らはそれを通じて彼の一部に触れて
いけるとおもうから...

投稿: 猫ぴ@朋加組 | 2005/03/01 07:43

松枝氏へ
活動写真家として松枝氏が那須氏に十分報いられるよう、陰ながら今後のご活躍を応援しています。来たるべき「松枝氏の色」に期待しています。

人生が終わってしまうことを恐れてはいけません。人生がいつまでも始まらないことが怖いのです。
―グレース・ハンセン―名言パクリ

投稿: 山内正雄 | 2005/03/01 14:16

itiniti akete blog wo haiken sitara
odoroku kijiga.
koreha mou gomeihuku wo oinori simasu
igai no kotoba ga mitukari masen.
matsugae san kiwo otosazuni ganbare!

投稿: 透夜 | 2005/03/01 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/3123026

この記事へのトラックバック一覧です: 那須監督の死:

« 逆説的ストレス解消法 | トップページ | 遺作 »