« すみません | トップページ | 実写デビルマンは三部作!? »

2005/02/10

オリバー・ストーン監督「アレキサンダー」

那須博之が日本における僕の師匠なら
オリバー・ストーンが世界における僕の師匠。
そう思ってる松枝です。
松の枝と描いてマツガエ。よろしく。
逃げも隠れもいたしませぬ。

で、作品の評価。
えー、言わなければいけませんか?
難しいです。残念ながら満点はあげられません。
つーか
僕の評価=★★★☆☆
★みっつです。残念!

いままでオリバーストーンの映画を見て
はずしたことの無いオリバーストライクゾーンど真ん中に居る僕が★みっつ。

一番の問題点は
歴史絵巻になってしまっていることかなぁ。
事実がざーっと並べられている感じがある。
それを繋いでいるのが登場人物の心理というよりも
語り部のアンソニー・ホプキンスの「言葉」。

オリバー・ストーンは昔からアレキサンダーに興味を持っていたらしいんだけど
ちなみに僕も小学校からアレキサンダーの伝記を読みとっても好きな人物の一人です。
あとチンギスハンね。
世界統一を果たした男というのにとっても興味がある。
そして民族和合というか、正妻に現地蛮族の王女さまを迎えるところとか
まぁ蛮族代表の松枝としてはなんだかそういうヘンテコリンナところ
アレキサンダーが好きだったわけです。
だいたいギリシア神話好きだったので
その神話世界と地続きの歴史上の登場人物アレキサンダーに
とても興味と愛着があった。
で、たぶん同じ気持ちをオリバーストーンももっているだろうと。
だからこの映画、とても爽快なものになるだろうと。
勝手にそう思っていました。

ただ唯一の不安。

それはコリン・ファレル。
あいつの下がった眉毛ですよ。
ぜったい勇者タイプじゃない。
悩んじゃってます、ぼくちんタイプ。
これ、心配でした。

で、心配的中~。

どうしたらここまでアレキサンダーを貶められるのだろうとそう思いました。
悩んじゃってます、ぼくちんタイプ。
Jrって事で言うと
あのブッシュくんもそうだから、顔も眉毛もあれだし、
何かね風刺的なアレのせいでアレになっちゃったのかな
なんてね、思いましたけれどもさ。そうでもないのかな。

とは言うものの
さすがオリバー・ストーン。
ただでは転ばない。

三島由紀夫の市ヶ谷駐屯地での演説を見るような
アレキサンダーの演説。飛びまくる野次。
だれも大将の言うことを聞かない。
このシーンすごくないですか?

誰一人、アレキサンダーに従って居ない。

このシーンだけでも意味がある。
たしかにね
唯々諾々としてあの長い遠征に付き合う部下たちが居るわけない。
アレキサンダーがあそこまで世界を統一しようとしたのは
なんらかの理想や合理的理由だけでなく
絶対的に「狂気」があったのだと思う。
だからかなりヒステリックです。
女のようだ。古臭い男尊女卑的な発言で申し訳ないが。
織田信長もヒステリックだったらしいが。
しかも信長って女っぽいんですよね。線が細い。
そしてアレキサンダーと同じくゲイ。

おそらく狂気の源には
母の狂気、受けられぬ父からの愛への渇望
みたいなものがあるはず。
けれども
今回、この映画では、そのあたりがぼやっとしている。
ぼやっとしちゃいないんだけど
なんだが有機的に組み合わさっていない感じ。

アンジェリーナ・ジョリーはとてもいい。

誰もが言うことだけど
戦闘シーンはすごいですよ。
あと街ね。そのあたりは必見。

しかし物語り部分をもう少しなぜ突っ込めなかったんだろうか?
そのあたりをとても知りたいと思う。
突っ込む必要は無いと思ったんだろうか?
だったらなぜそう思ったのか。
僕は何があってもオリバーストーンを支持する。
それだけに何が起こったのか。それがトテモ知りたい。
あと音楽。ヴァンゲリスとてもいい。
デビルマンの音楽家を決めるとき
ぼくがヴァンゲリスを薦めたら笑われた。
そんなことを少し思い出しながらサントラを手に取る。

|

« すみません | トップページ | 実写デビルマンは三部作!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/2869456

この記事へのトラックバック一覧です: オリバー・ストーン監督「アレキサンダー」:

» アレキサンダー [ネタバレ映画館]
 アレグサンドロス・ザ・グレイト!アンジェリーナ・ジョリーの巻き舌r発音の英語が耳に残ってしまう・・・『小さな恋のメロディー』のマーク・レスターをも思わせる、少... [続きを読む]

受信: 2005/02/10 08:37

» なぜか共感してしまう、闇に棲む男の情熱的な愛 [人生はお伽話もしくは映画のよう]
「オペラ座の怪人」 無垢で何も知らない少女を教え、導き、成長させ、さらには自分だけへの愛も誓わせる。昔から小説や映画のテーマに良くなる題材ですね。なんせ「源氏物 [続きを読む]

受信: 2005/02/10 09:15

» 理想を追い続けた男の栄光と死 [人生はお伽話もしくは映画のよう]
「アレキサンダー」 「理想」。誰でも一度は持った事があるもの。「現実」。そう、これとの絡みで語られる事が多いですね。確かに理想を持っていたはずなのに、いつの間に [続きを読む]

受信: 2005/02/10 09:16

» Movie Review: アレキサンダー [We Believe]
明日、5日から日本で「アレキサンダー」が公開されるようですが、米国では昨年に公開されました。見に行ったのですが、内容は最悪です。その上上映時間が173分と長く3... [続きを読む]

受信: 2005/02/10 14:09

» 「アレキサンダー」の政治的メッセージ [シカゴ発 映画の精神医学]
「アレキサンダー」は、オリバー・ストーンの監督作品なので、政治的なメッセージがないわけはない。というか、かなり露骨です。 「アレキサンダー」の前半の見所は、バ... [続きを読む]

受信: 2005/02/10 14:18

» アレキサンダー [シカゴ発 映画の精神医学]
 オリバー・ストーンの新作。  アレキサンダー王の生涯を描いた、歴史大スペクタクル映画。  史劇スペクタクルが大好きな私としては、とても期待していた。  ... [続きを読む]

受信: 2005/02/10 14:19

» 「オペラ座の怪人」を見るつもりが「アレキサンダー」 [日本の食材を考える]
「オペラ座の怪人」を見るつもりで行ったのに、時間の都合上「アレキサンダー」を見てしまった。好き嫌いの多い私は中世以前の世界が舞台になっている映画を見ることはまず... [続きを読む]

受信: 2005/02/10 19:38

» アレキサンダー [うぞきあ の場]
2時間53分は苦痛。 少しでも面白ければ、苦痛がやわらいだのだろうけどなぁ。 この映画、世界史を選考していなかった人は、きっと、 『あぁ、世界史をやってれば、... [続きを読む]

受信: 2005/02/11 11:22

» 映画「アレキサンダー」 [RAKUGAKI]
良い意味でも悪い意味でも大作な映画だと思うのです。とにかく全てをちゃんと描いている。でもそれがどうしても長尺になってしまい、だれている所があったのが残念です。し... [続きを読む]

受信: 2005/02/11 13:46

» アレキサンダー-★★- [drift on the waves.]
■監督:オリバー・ストーン ■出演:コリン・ファレル,アンジェリーナ・ジョリー,ヴァル・キルマー,ロサリオ・ドーソン,ジャレッド・レト,アンソニー・ホプキ... [続きを読む]

受信: 2005/02/12 23:02

» アレキサンダー-★★- [drift on the waves.]
■監督:オリバー・ストーン ■出演:コリン・ファレル,アンジェリーナ・ジョリー,ヴァル・キルマー,ロサリオ・ドーソン,ジャレッド・レト,アンソニー・ホプキ... [続きを読む]

受信: 2005/02/12 23:02

» 「アレキサンダー」 [ひらりん的映画ブログ]
アレキサンダー見る為にひらりん、チネチッタに初剣参っ。 いつも行ってる「TOHOシネマズ」はプレミアスクリーン(2400円)だったから。 レイトショウ(1200... [続きを読む]

受信: 2005/02/16 02:28

» アレキサンダー [CINEMA IN/OUT]
オリバー・ストーン監督作品(2004年・米) アレキサンダー大王の生涯を描いたスペクタクル。キャストはアレキサンダー(コリン・ファレル)、父=マケドニ... [続きを読む]

受信: 2005/02/22 20:44

» オリバー・ストーン [P☆B]
オリバー・ストーン監督逮捕…飲酒運転と薬物所持 邪悪の女王 キラーハンド サルバ [続きを読む]

受信: 2005/05/30 16:32

» アレキサンダー 今年の168本目 [猫姫じゃ]
アレキサンダー   オリヴァー・ストーン 監督 173分   寝てしまうコンサートって、良いコンサート??、、、   爆睡しますた。 ま、睡眠不足もあるのですが、2,3回、爆睡しました、、、   アレキサンダー大王の生涯を、プトレマイオスが... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 04:32

» アレキサンダー [坂部千尋のsparrow diary]
 ディープでハードでコアでした{/kaeru_en1/}って意味わかんないですね{/kaeru_yodare2/}すいません{/hiyo_shock2/}ちょっと久々のDVD映画日記です{/kaeru_en2/}  なんか公開前の話題性のわりに周りの反応があんまりよく無かったので相当つまんなかったのかと思ってました{/hiyo_en1/}でも観てみたら千尋的には面白かった{/hiyob_en/}このテの歴史スペクタクルは大抵千尋の期待に答えてくれないの�... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 03:19

« すみません | トップページ | 実写デビルマンは三部作!? »