« 良いストレス | トップページ | 那須監督の死 »

2005/02/27

逆説的ストレス解消法

ストレスとは何か。

精神緊張・心労・苦痛・寒冷・感染などごく普通にみられる刺激(ストレッサー)が原因で引き起こされる生体機能の変化。一般には、精神的・肉体的に負担となる刺激や状況をいう。三省堂提供「大辞林 第二版」

「ストレスの解消方法を考えはじめてる」
ってのは、それだけで
かなり現状に対してアップアップになっていると言うか
「受身の体制」
になっているってことの証拠だと思う。

「攻めの体制」になっていると
たとえば僕みたいに
自分の映画の企画通さなきゃきゃとかやっていると
受けるストレスてのは大きくてもちろん当然ストレスなんだけど
それはそれで「戦いの対価」、刀傷みたいなもんで
戦争に行くんだから傷ぐらいつくさと思っているんで
ストレスは大きくあるんだけど、当然っていうんですか?

「攻めの体制」をとっている人にとっての
ストレスの解消は、
「より大きな獲物を獲得する」
「目標を達成する」
ことによってしか解消はされない。
ような気がする。

だから
ストレスを解消するには
ストレスを解消しようと思うんじゃなくて
ストレスをものともしない
でっかい獲物を追いかけることが
いいんじゃないかなと思う次第。

つまり攻めの姿勢で生きるとストレスって
気にせんでも良くなると思うとです。

逆説的ストレスの解消方法=
夢と希望あふれまくる
どできゃー人生目標をたてる。

どうでしょうか?師匠。

|

« 良いストレス | トップページ | 那須監督の死 »

コメント

私も同感です。

投稿: 山内正雄 | 2005/02/28 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/3090744

この記事へのトラックバック一覧です: 逆説的ストレス解消法:

« 良いストレス | トップページ | 那須監督の死 »